トップページ
> ラック型サーバー計算機 > AMD EPYC

OTBから全国へHPC科学計算ソリューション ラック型EPYC計算機
AMD EPYC Server

   


AMDのサーバー用CPU 「EPYC」シリーズを搭載するラックマウント型計算機です。
コア数が多く、大容量のメモリを搭載可能なEPYCシリーズは高いコストパフォーマンスからデータセンタ向けに需要が大きいですが、HPCにおいてもコストパフォーマンスのみならずHPCでも高い性能を発揮することが期待できます。

最新のEPYC 7002シリーズはCPUコア数は最上位のモデルで64コア/128スレッドと非常にコア数が多いことが特徴です。また、メモリはクロック最大3200MHzで8-channel動作のため、メモリ帯域幅の理論性能値は204.8GB/sとなります。コア数の多さはCPUコア数に応じて性能が良くスケーリングするようなモンテカルロ法、分子動力学などの特定の計算モデルで高い性能を出すことができます。また、メモリ帯域幅の広さは特定の流体計算や構造計算のような性能がメモリ帯域幅で律則されるアプリケーションにおいて良い性能を期待できます。

 

◆ AMD EPYC 7002搭載 1Uラックマウントサーバー(CPU 1基)

※現在、CPU 1基搭載、1Uラックマウントモデルのみの販売となります。


※在庫状況によりケースは変更の可能性があります

■基本仕様
CPU: 1x AMD EPYC 7002 series
RAM:DDR4-3200 ECC RDIMM/LRDIMM
VIDEO:Onboard, etc
マウス・キーボード: オプション

CASE:1Uラックマウント
PSU:リダンダント

OS:Linux etc.

◆ AMD EPYC 7002搭載ラックマウントサーバー(CPU 2基)


※在庫状況によりケースは変更の可能性があります

■基本仕様
CPU: 2x AMD EPYC 7002 series
RAM:DDR4-3200 ECC RDIMM/LRDIMM
VIDEO:Onboard, etc
マウス・キーボード: オプション

CASE: 1U、2U、4Uもしくはサーバータワー
PSU:リダンダント

OS:Linux etc.


 

(C)Copyright OTB Transnational Inc. All Copyrights reserved.