Threadripper搭載タワー型計算機

CPU数CPUメモリモデル名備考
1AMD Ryzen ThreadripperDDR4-3200/2666 non-ECC
(Max.128GB, 4-channel, 8 slots)
Ryzen-TRX40・ミドルタワーケース
・CPU水冷、高い冷却性能と静音性

AMD Ryzen Threadripperは24コア (3960X)、32コア(3970X)、64コア(3990X)とコア数が多いだけでなく、クロック周波数も高いのが特長で、メモリクロック周波数が最大3200MHz対応、PCI-Express Gen4対応とCPU性能以外の部分も高性能です。CPUの発熱量が多いため、CPUクーラーは一般的に水冷で対応することになります。CPU性能が要求される画像・映像処理の用途や、ワークステーション、計算機・計算サーバなどで高い性能を期待できます。メモリが4チャネル動作のためメモリ帯域幅が狭く、メモリ帯域幅のピーク性能の理論値ではサーバ向けのAMD EPYCの半分しかありません。そのため、メモリ帯域幅が必要とされるような並列アプリケーションにおいてはEPYCの方が向いていると考えられます。一方、メモリ帯域幅が要求されないアプリケーションでは、コア数の多さに加えてクロック周波数の高いThreadripperの高い性能が期待できます。

AMD Ryzen Threadripper 1基搭載タワー型計算機・ワークステーション

Case-epyc1w-7002-midtower

※ケースは在庫状況等により変更される場合があります

モデル名:Ryzen-TRX40

基本仕様

  • CPU : AMD Ryzen Threadripper
  • CPUクーラー:水冷
  • RAM : DDR4-3200/2666 non-ECC
    (Max.128GB, 4-channel, 8 slots)
  • Video: 外付ビデオカード
  • CASE: ミドルタワーケース
    (サイズ 240(W)x570(H)x510(D) mm程度)
  • SSD: 2.5インチSSD or M.2 SSD
  • HDD: 3.5インチHDD
  • PSU: ATX電源850W程度
  • DVD: 搭載不可(USB DVD対応可)
  • キーボード: 日本語有線キーボード
  • マウス:光学式マウス
  • OS: Linux

※Linuxディストリビューション、カーネルバージョンによってはオーディオインターフェースやMCE機能が利用できない場合があります

お見積り・カスタマイズお見積りはこちらから