タワー型WS・サーバ計算機

サーバ、ワークステーション向けのIntel Xeon CPUやAMD EPYCを搭載したタワー型の計算機です。デスクトップPCとは異なり、基本的にモニタ出力にサーバ向けオンボードVGAが搭載されており、オーディオ機能が非搭載となっております。

デスクトップやワークステーションに最適なCPU 1基を搭載したミドルタワーサイズのワークステーション、CPU 2基を搭載したフルタワー計算機のモデルがあります。

Case-epyc1w-7002-midtower

Xeon搭載タワー型

  • WS用Xeon Wシリーズ 1基、サーバ用Xeon Scalable Processorを1基 or 2基搭載
  • DDR4-2933~2400 ECC Reg. 6-Channel対応
  • ケースはミドルタワー(CPU 1基)、フルタワー(CPU 2基)
  • CPU 1基の場合、構成によっては小型ケースも対応

Xeonタワー型製品一覧

EPYC搭載タワー型

  • AMD EPYC 7002を1基 or 2基搭載
  • DDR4-3200 ECC Reg. 8-Channel対応
  • ケースミドルタワー(CPU 1基)、フルタワー(CPU 2基)
  • 高消費電力なCPUに対しても水冷によって静粛性と性能を両立

EPYCタワー型製品一覧